ギャンブルの世界で良く使われる言葉がありますね。
ビギナーズラック!

パチンコやスロットなんかでも
良くわかってない友人を連れて行ったら
自分は糞負けして友人が爆勝ち!

あるあるですよねw
あなたはビギナーズラックどうでしたか?
ちなみに僕はありました!

ではビギナーズラックの正体について
僕の持論で語っていこうと思います!

ビギナーズラックとは?

まずビギナーズラックとは何なのか?
ギャンブルによく使われる言葉ですね。

まあ意味としては
初心者だけが持つ特別な運という感じでしょうか。

競馬やスポーツ、麻雀などでもあると思いますが
パチンコスロットで言うなら
打ち方や仕組みも知らない初心者なのに
まぐれで勝ってしまうラッキー現象というとこです。

そしてそのビギナーズラックは
初心者だけにある不思議な運だと言われてますね。

ビギナーズラック発動率

まわりの友人や、知り合い。
それどころか、パチンコ店の朝の並びで聞こえる会話。

こんなとこからすらビギナーズラックってあるよな!
という会話が聞こえてくるくらいです。

統計を取ったわけではないので
実際のところどれくらいビギナーズラックが発動しているのか?

これはまったくわからないのですが
パチンコスロットの遊戯者の6割くらいが
ビギナーズラック発動しているんじゃないでしょうか。

一日単位の勝率でいえば
遊戯者の3割しか勝てない事を思えば
初心者に限り勝率6割としたら異常ですよね。

という事はこの、ビギナーズラックを
いつでも発動出来れば勝率アップ出来るのではないでしょうか!

夢が広がりますねぇw

ビギナーズラックの正体

はい、というわけで夢が広がったところで
ビギナーズラックをいつでも発動させる為
ビギナーズラックの仕組みを考えてるべく仮説を立ててみました!

初めて遊戯する人が1000人とします。
通常の一日単位の勝率が3割とします。

300人が初戦で勝ちを収め8割がそのまま遊戯者に。
つまり継続した遊戯者になるのが240人。

700人が初戦で負けて2割がそのまま遊戯者に。
つまり継続した遊戯者になるのが140人。

パチンコスロットの遊戯を続ける人が380人となります。
そのうちの240人がビギナーズラック経験者です。

パチンコ遊戯者のビギナーズラック率
240/380 = 63.15%

パチンコ初戦で遊戯をヤメた人のビギナーズラック率
60/620 = 9.67%

・・・・・

どの層で統計を出すかの差で
ビギナーズラックの発動率は変わらんのちゃうんかい!

つまり初めて遊戯した人全体の勝率は
通常の勝率である3割に変わりない。

という結論に僕の中でなりました。

ビギナーズラック発動率アップ打法を公開出来ず
申し訳ありませんでした!


ジャグラー教室 質問箱

あなたのパチンコ・スロットに関する疑問を
パチンコ・スロットで稼ぐ美良が
プロ目線で回答します!

知りたいことを探したけれど見つからない!
という場合は気軽にジャグラー教室の質問箱を活用してみてください。

⇒ ジャグラー教室 質問箱へ