ジャグラー教室の
勝ち組養成カリキュラム!

 
今回のテーマは
「推測設定4は追うべき?」

 

糞ピエロ糞ピエロ

んー、当選は悪くないんだよなぁ。
でも設定6というには弱くて、あって設定4かなぁ・・・

馬鹿ガール馬鹿ガール

ふぅん、で。
それ追うの?

糞ピエロ糞ピエロ

そこなんだよ!
こういう事って結構あるんだけど、どうするのが正解なんだろなぁ?

馬鹿ガール馬鹿ガール

辞めたら出るし、続けたら飲まれるしよね~。

美良美良

設定狙いをやりはじめると
そういうシチュエーションは多々あるよね!
今回はそういう場合どうするべきかについて話すよ!

 

 

推測設定4は追うべき?

 
まず推測設定4とはいっても
設定6寄りの推測設定4なのか
設定2寄りの推測設定4なのか。

これによっても考え方や行動は
かなり変わるね!

 
僕の結論を簡潔に言うならば
あっても設定4という感覚の場合である
設定2寄りの推測設定4はヤメ!

どのような状況でもヤメますね。

 
設定6寄りの推測設定4は
不安要素が増えた時点でヤメ!

 
もしくは配分を考えた上で
他に高設定濃厚の台が見えてきている場合はヤメ!

 
6寄りと思える場合は
まだ設定6に期待出来る要素があるうちは打ちますが
それ以上に低設定要素の方が多ければ
いくら設定6要素があってもヤメます。

 
ちなみに設定6に期待出来る要素とは
ホール状況や配分は考慮せず台のみの挙動の話ですが

例えば
バジリスク絆であれば謎当たりや赤LEDハズレ等
番長3であれば強制逆転やAT中の天国以外での青7等

ジャグラーの場合は複合して見ないと意味ないけど
ぶどうや単独REG等です。

 

なぜ推測設定4はヤメるべきなのか?

 

糞ピエロ糞ピエロ

設定4の可能性あるのにヤメるべきなのか?
もし設定4だったらプラスだぜ?
追うべきじゃないのか?

美良美良

確かに本当に設定4であれば
それは打っても良いね!
本当に設定4なのか?が問題なんだよ!

馬鹿ガール馬鹿ガール

でも内容は設定4っぽいなら
打ってもいいと思うんだけど・・・

美良美良

設定4を捨ててしまうのは勿体ない!
と思ってしまうのはわからなくもないけど
これは非常に危険なんだよ!

まず推測設定4で
あっても設定4というタイプは
ほぼ設定4以下と思える展開なわけです。

設定4の可能性もあるけど、
設定4以下の可能性もあるという台は
ほぼ設定4ですらないと思ってもいい
くらいです。

 
当然、そのホールの状況や配分の情報から
推測設定4でも打つ場合はありますが
設定4を捨てるリスクよりも
低設定を打ち続けるリスクを減らす方が重要
という事です。

そして低設定台も複数台動けば
中には設定4や設定6っぽい挙動をする事なんて多々あります。

 
まあ大体こういう場合は設定2あたりを使われてますしね。

 
微妙な展開であっても打つのは確定が出る機種で
設定4以上が確定した場合のみです。

 
つまり、ジャグラーのような
Aタイプの設定4っぽい台は
そこまで追う必要は無いという事ですね!

 
1例ですけど、ジャグラーで言えば
ぶどうが悪い!
BBもRBもボーナスは設定6の値!
だけど、単独RBがかなり少ない・・・
というような台ですかね。

 
後は設定4の機械割が103%くらいというような台は
特に追う必要がないですね。

6号機はそういう台が多いので
ますます設定4に価値があまり無いですからね。

 
少しだけ簡単にシミュレーションしてみるとですよ。
 
あっても設定4と判断して
設定2の割合が70%(機械割99.0%)
設定4の割合が30%(機械割104.0%)
だったとしましょう。
 
これを10万回転で計算すると
設定2 -2100枚
設定4 +3600枚

トータルは+1500枚ですけど
これ計算すると時給250円くらいですw

設定4の割合がもっと低くて
設定1なんかも打たされてたらマイナスですね!

 
つまり勝つ為に打つのであれば
推測設定4を追うのは時間の無駄という事です!

 

糞ピエロ糞ピエロ

設定4を捨てるリスクより
低設定を打ち続けるリスクを減らす方が重要か。

馬鹿ガール馬鹿ガール

つい設定4を捨ててしまう事に
損しちゃう感覚があるから粘っちゃうわね

美良美良

心理的には人は損をする事を嫌う傾向にあるんだ。
設定4はあるかも!と思い込むと
捨てる事で損したくないという心理が働くのかもね!
本当は低設定を打ち続けている可能性が高くて
損する可能性が高い事に気づく事が大事だよ!


ジャグラー教室 質問箱

あなたのパチンコ・スロットに関する疑問を
パチンコ・スロットで稼ぐ美良が
プロ目線で回答します!

知りたいことを探したけれど見つからない!
という場合は気軽にジャグラー教室の質問箱を活用してみてください。

⇒ ジャグラー教室 質問箱へ