ジャグラーの立ち回りにも方法はいくつかあります。

その中でも比較的簡単に勝率が上げれる
夕方からの立ち回りについてです。

具体的にしっかり立ち回るとなれば
それなりにもう少しキッチリ要素を抑える必要もあるんですが

簡単勝率アップという事で
面倒な事抜きに簡単に勝率を上げる方法を教えます!

ジャグラー夕方の立ち回りが簡単な理由

夕方からの立ち回りなので
立ち回る時間は16時00分~22時00分と仮定しましょう。

この場合、打てる時間が短く夕方からとなりますが
実は「めちゃくちゃ勝ちやすい時間帯」となります。

なぜ勝ちやすいのか?

16時ともなれば、そこそこ回されている台があります。
とはいえ過疎店でそもそも夕方まで回されない店は別ですよ?

しっかりと集客がそれなりに出来ていて設定もそれなりに入れるホールであれば、
16時くらいの時間というのはそこそこ回されている時間帯となるので、
「高設定が見抜きやすい」という事です。

 

おまけに「高設定が空きやすい時間帯」でもあります。

高設定の打ち手が専業や兼業プロでない場合、
打ち手のほとんどが高設定だったとしても
そろそろ御飯の時間だったり、
夕方のバイトや仕事だったり、
出玉が出たから満足ヤメするという場合が多々あります。

「高設定が使われるホール」という条件は絶対ですが
16時以降は勝率を上げれる特化ゾーンのようなものです。

つまり
高設定が見抜きやすく高設定が空きやすいので
高設定の可能性が低いと判断した台を妥協して打たなければ
勝てる確率は格段に上がるという事です。

夕方から勝つ為に見るところは?

ズバリ設定差のあるボーナス確率です。

ほとんどのジャグラーは
レギュラー確率が高設定ほど優遇されていますね。

だからレギュラー確率の良い台を選ぶというのが
ジャグラーの基本と言われるわけです。

じゃあ実際にレギュラー確率どれくらいの選ぶの?

これは人にもよるかもしれませんが
総回転数がなるべく3000回転以上で
設定6と同等かそれ以上に優秀な台です!

よほどホールが力を入れている日とかでないなら
設定5以下であれば打たない方が低設定を打つリスク軽減出来ます。

まぁいくらレギュラーが設定6以上でもビッグが1以下じゃ怖いです。
なので、なるべく合算も4以上の台を選ぶのが良いですね。

ヤメ時はレギュラーが設定5以下~4以下なったら
くらいでいいんじゃないですかね!

勝つ為にしてはいけない事

これは僕も昔負けていた時によくやっていた方法なんですが
空いている中の1番良い台で勝負する事です。

これ、
マジ負けれますから!

極論言ってしまえば
しっかり高設定を使ってくれて
それなりにジャグラーを大事に使う配分の良いホールであれば
総回転数がなるべく3000回転以上で
設定6と同等かそれ以上に優秀な台を打っていれば負けないです。

なのでね。

この条件満たしてる台だけ打つようにしてみてください。
それだけでも負ける確率は何倍も減ります!

ていうかもうダメな台しかなければ
帰ってください!

レギュラーばっかりすぎる台

あのですね。
よくあるんですよ・・・

うわー、これぜってー6だって!
総回転数3000回転
BB 11(1/272)
RB 15(1/200)

あー、はいはい。
ありますね、あります。

そしてね。
撃沈する人も多いんです。
なぜかわかりますか?

このパターンは次のとおりですが
完全に忘れられてるパターンがあるんです。

1.高設定のRB寄り不発状態
2.低設定のRB上ブレ
3.低設定の据え置き

この低設定の据え置きを考慮出来ていないと
ボッコボコにやられる可能性があるので
据え置きの可能性を考えるようにしてくださいね!

据え置きの判別についてはこの記事でもしていますので参考に!
ジャグラーシリーズ 設定変更の見極め!ガックンの有効機種を把握して据え置き判別!

ジャグラーのガックンと設定変更と据え置き考慮の必要性

まとめ

しっかりと集客がそれなりに出来ていて
設定もそれなりに入れるホールであれば、
夕方16時~という時間帯は
「高設定が見抜きやすい」状態で
「高設定が空きやすい時間帯」でもあります。

そんなホールであれば

総回転数がなるべく3000回転以上で
設定6と同等かそれ以上に優秀な台を打ってりゃ
そこまで負けない!
わりと勝てる率も高くなる立ち回りが簡単に実現可能!

ヤメ時はレギュラーが設定5以下~4以下なったらくらいで!

合算がよくレギュラーばかりすぎる台は
低設定の据え置きを疑え!

ダメな台しかなければ
帰ってください!

これだけで簡単に勝率アップです!
たぶん!w


ジャグラー教室 質問箱

あなたのパチンコ・スロットに関する疑問を
パチンコ・スロットで稼ぐ美良が
プロ目線で回答します!

知りたいことを探したけれど見つからない!
という場合は気軽にジャグラー教室の質問箱を活用してみてください。

⇒ ジャグラー教室 質問箱へ